2017.1.23|MEDIA

2017.1.23掲載 セメント新聞 ー 冷水がウェア内循環 身体冷却システム「COOLEX-1」発売

鎌倉製作所(東京都港区、掘江威史社長)は10日、冷水をウェア内に循環させる身体冷却システム「COOLEX-1」を発売した。40℃を超える酷暑現場や輻射熱が発生する現場、風を嫌う現場、湿度が高い現場など、これまで対策が難しかった現場でも暑さ対策が可能となる。「COOLEX-1」は小型チラーを利用し、約10℃まで冷却した冷水をウェア内に循環させることで、酷暑現場での作業員の身体を効率的に冷却できるシステム。

持ち運びができ設置も簡単でAC電源さえあればどこでも使用可能。空間全体ではなく作業者が直接身に着けピンポイントに冷却するウェアタイプのため、周辺温度の影響を受けにくく、効率的で省エネルギーだ。優れた省エネ性能で一人当たりの消費電力はわずか180ワット。一日8時間、1ヶ月(25日)使用した電気代は594円と一人用スポットクーラーの約6分の1。ウェアは首と上腕のW冷却で冷却効果の高い「半袖タイプ」と肩周りをすっきりさせた作業性の高い「袖無しタイプ」の2種類。使用時の重量は840グラムと710グラムで軽く、フリーサイズで洗躍が可能。販売価格はウェアとミニチラーの1セットで48万円(税抜き・送料別)。

これまで対策が困難だった40℃以上の酷暑現場でも冷却が可能となり、まったく新しい熱中症対策となる。同社 は産業用屋上換気扇をはじめ大型送風機、気化放熱式涼風給気装置など環境改善機器の製造販売メーカー。主力製品の「ルーフファン」は販売台数100万台を突破し、業界トップのシェアを誇る。