2017.5.30|MEDIA

2017.5.30掲載 溶接ニュース ー ウェア内部で冷水を循環 鎌倉製作所=身体冷却システム

鎌倉製作所(東京・港区)は今年1月から、新発想の強いたい冷却システム「COOLEX-1」を発売し、話題を集めている。

同システムは、専用のウェアとミニチラーを接続ホースでつなぎ、ウェア内に冷水を循環させることで効率的に身体を冷却できる点が最大の特徴。
直接、身に着けるウェアタイプのため周囲温度の影響を受けにくく、これまで対策が難しかった周囲温度40~50度の酷暑現場でも使用可能だ。炉前作業や食品工場などのほか、特に風を嫌う溶接作業や塗装作業に最適な身体冷却システムといえる。
冷水は環境に合わせて7~20度の間で調整

セールスポイントの一つ。
接続ホースは4メートルが標準付属しているが、最大8メートルまで延長可能。

専用ウェアは首と上腕のダブル冷却で冷却効果の高い半袖タイプと、肩周りをすっきりさせた作業性の高い袖なしタイプをラインアップしており、標準価格は1式48万円。オプションで床にホースを這わすことなく使用できる稼動式アーム架台を準備している。

6月からは周囲温度40度以下など性能を見直し、リーズナブルな価格に設定した「COOLEX-Light」、配管設備タイプの「同-Multi」のほか、溶接作業に対応する難燃タイプや、腋の冷却も可能な専用ウェアを発売する。
問い合わせは、電話03-3403-0881