40~50℃の作業環境でも高い冷却効果で熱中症対策を実現!!COOLEX小型チラーで作業者をピンポイント冷却大学との共同研究で実証された冷却能力
こんなお悩みありませんか?冷却範囲が狭い 十分に冷えない 熱い風が来て40℃以上の高温環境に向かない すぐに氷が溶けてしまい冷却期間が短い どれを試してもダメだった...
その悩み… カマクラにお任せください!
IMG
COOLEX-1 ポイント1 45℃の環境下でも10℃の冷水を供給できる専用チラー ポイント2 風を嫌う作業現場に適した「水冷方式」 ポイント3 熱中症対策に有効な冷却構造
circle
arrows arrows arrows arrows arrows
arrows arrows arrows arrows arrows
産業医大で実証!確かな冷却効果 産業医科大学 産業保健管理学研究室監修 体温上昇を抑制し、発汗量大幅にダウン!(気温40℃40分の運動)
導入事例紹介
事例A 送風機の効果が期待できない暑い工場内の唯一の冷却手段!
熱を常に受ける環境下では、送風機の効果は限定的に

ガス切断作業で3時間の作業中はほとんど動くことがなく、ガス切断で発生する熱を常に受ける環境にある。粉塵対策も兼ね送風機を作業者の上から送風しているが、夏場の暑さ対策としての効果は限定的となっていた。事業拡大のため同作業を増やしたい意向がある中、作業性が低下しないよう作業者の環境改善を考えていた。

検討にあたり、無料デモとして実機を借りて現場でテストを実施。作業中も首と背中が冷え快適に作業ができたとの現場の意見もあり、導入に至る。大柄な作業者用にウェアを一部特殊な仕様にするなど細かなカスタマイズにも対応してもらえた。

IMG
特に熱の溜まりやすい首廻りや脇が効果的

冷却効果は良好。特に熱の溜まりやすい首廻りや脇が効果的。
着脱がスムーズで動きやすく作業に支障がでないため、熱中症対策として十分に満足している。

IMG
事例B 試行錯誤した中、COOLEXだけが冷却効果を体感できた!
様々な対策を試みるも期待した効果を得られず

大型タイヤを製造している加硫工程で、作業者は加硫後のタイヤを取り出した直後のタイヤ金型の上に立って清掃作業をする必要があるが、金型の表面温度は100℃を超えており、非常に厳しい作業環境となる。これを緩和する為、以下を含む様々な対策を試みたが、いずれも期待した効果を得ることができなかった。

・保冷材ベスト:持続時間が短い。温くなると重荷になるだけ。
・ファン付作業服:夏場は工場内の温度が40℃を超えるため、熱風しか入ってこず効果なし。
・送風機:ファン付作業服同様、熱風を送風するだけで効果なし。

少しでも作業環境を改善したいと考えていた中で、無料デモ貸出を行っていたCOOLEXの紹介を受け現場でテスト導入したところ、作業者より「冷却効果が持続し、首・背中が快適になった」という意見があったので導入を決定した。
なお、導入に際して高熱のモールドにCOOLEXのホースが接触するのを回避しなければならない課題があったが、特製のアーム架台をあわせて購入することで克服できた。

作業前に手間をかけず、冷却効果を得られる

導入効果は良好で、特に、冷却効果が持続すること、保冷材付ベストのような冷却材の入れ替えの手間がないのが好評。

IMG
事例C 高温の熱源から離れられない作業者に最適!
熱い釜から常に熱を受ける環境

飴を製造する工程での釜作業で、ほとんど移動することなく釜の前で継続的に作業が行われ、熱い釜から常に熱を受ける環境であった。数年前から外気を導入する給気装置で対策を行っていたが、釜前作業の更なる環境改善を検討していた。

導入にあたっては実際の現場で冷却効果を確認できる体験デモを活用。
小型扇風機のついたジャケットと保冷材を使用した冷却ベストとも比較検討した。
結果、持続的に冷却効果を最も感じることのできたCOOLEX-1を採用することとなった。

今までで一番という現場の声に、別工場でも導入を検討

今まで使用した中で一番効果があったと現場の声があった。
ホースの取り回しも慣れれば問題なく使用可能。
別工場でも暑い現場があるので、夏の効果を検証した上で検討していく予定。

IMG