マルハニチロ株式会社 大江工場 様 

炒め物工程 炒め物工程
食品・飲料関連
冷凍食品
COOLEX-1
炒め物工程
山形県
導入の背景

粉調味料と焼き豚を軽量し炒め機に投入する冷凍チャーハンを製造する工程は、炒め機の前で作業を行うため、作業者は常に熱をうける環境となっています。これまでスポットエアコンや扇風機で対策をしていますが、異物混入がないように衛生服を着用していることから、実際の温度以上に体感的には暑い状況でした。

導入の経緯

2019年夏に商品カタログを確認しHPから問い合わせ。翌年にむけた熱中症対策を計画的に実施していくために9月末にデモ機を借り、実際の現場で冷却効果と作業性の確認しました。ホースの取り回しでの課題もありましたが、作業場所があまりスペースがないので、小型チラーが適した環境であったため、前向きに検討することとなりました。

導入の効果

衛生服の上から着用していますが、凄く冷えて寒いという女性作業員もいました。冷却効果には非常に満足しており、熱中症対策には効果がありました。ウェアも洗濯でき、2台を複数人で使用できるところも評価している点です。以前の動線は360度回転していましたが、ホースの捻じれ対策のために半回転の動線にかえるなど運用方法で工夫をしています。ウェアの更なる軽量化、樹脂ボタンの改善、捻じれた部品の簡易交換など改善要望もあがっており、商品の更なる改良にも期待したい。

関連する事例

Back to Top Optimized with PageSpeed Ninja