株式会社山崎機械製作所 様 

鉄鋼・非鉄・金属
鉄鋼事業
COOLEX-V151
鍛造工程のフォークリフト作業
滋賀県
導入の背景

熱間鍛造物を搬送するフォークリフト業務は1200℃の熱間物を約100℃まで自然冷却していくため、指定の場所まで運びます。真っ赤に熱を帯びた状態の熱間物の搬送は常に焚火にあたっているようで痛さ感じるほどです。また指定場所に順次並べていくため、熱間物に囲まれた状態となり周辺全体が非常に暑くなる過酷な作業環境です。これまで空調服や小型扇風機を使用していましたが、周りの空気が暑いため、熱風がくるだけで効果がありませんでした。

導入の経緯

効果的な対策を探していた時に出入りの業者からフォークリフト用クーラーCOOLEX-V151の提案がありました。チラーで冷やす水冷方式だったため、熱間物の輻射熱や周囲温度が高くても効果があるのではないかと問い合わせ。実際の現場でデモ・説明を行ってもらい、1週間作業場でも試してみました。現場の環境下でも冷却シートがシッカリ冷え、背中・太もも裏への冷却効果を確認できたため、導入することとなりました。

導入の効果

作業者から背中・太ももだけでも十分に冷却効果があるとの評価で、熱中症対策として有効であると感じています。今年も熱中症を発生させずに夏を乗り切りました。作業は車両を乗り換えながら1日行うため、長時間使用できるようにフォークリフト車両から直接チラーに電源を供給しています。フォークリフト販社に接続するためのコンバータや電気工事を依頼しましたが、滞りなく進めることができました。メンテンス時の着脱方法や始動時の制御などより使いやすい仕様へのバージョンアップも期待しています。

関連する事例

Back to Top Optimized with PageSpeed Ninja